樹津あかるの瞳

樹津あかるの瞳と頭は面白い。女房はそんなに自覚している。
そういう女房、生涯で何度目かの絶体絶命の急場が迫っていた。

月が煌々ときらめく空の後半、人気のいない道端であかるはウォールを背にして、学徒洋服を着た狼ダディーに迫られていたのだ。
そんなふうに、あかるはヒトには見えないものが言える。この男も思えちゃいけないものであり、通常には見えない品。

……ニックネーム、あやかしと呼ばれるヤツたち。
紆余曲折を経て、女房の窮地を救い、解説してくれたのはおんなじあやかしです女の子、リン。
そして女房に協力する事をあかるは余儀なくされて仕舞う。でなければまたあやかしに襲われて仕舞うし、一人では急場を抜け出す事が出来ないと言う。

あかるは否応もなく、女房に従ってあやかしの精液を詰める実態に。もちろん、精液コレクトなどしたこともなければ、流れ意思でもない。だが、やり遂げるしかないのだった。

そして精液をまとめる実態になったあかるだが、その方法は自分あやかしに身を醸し出し、腹部の下まで精液を注いで貰う実態だった!

自分の身体の二倍以上生じる厳しい肉のあやかしに前述も後半もせめられたり、タイプの狼ダディーとしたり、獣の長と交わったりとあかるの受難?は貫く!

少し変わった魔物とあかるのセッ○スを描いたアナウンス!
奈良県 闇金解決